平成23年10月16日〜18日



皆様お久しぶりです!

2011年の幕開けから
愛猫が生死の間を彷徨うこと3ヶ月…
コバエの大量発生!
そして、4月29日には例年行っている「ケルン墓参」のための
訓練登山で鈴鹿山脈御在所岳に登りましたが
下山中に、私が不注意から転倒して
第3腰椎の横突起が2ヶ所折れて
毎年6月の墓参を延期にしてしまいました(>_<)
踏んだり蹴ったりの半年が過ぎ
腰のコルセットも取れて
ようやく平常を取り戻し、やっと「ケルン墓参」に行くことが出来ました。

「石岡繁雄の志を伝える会」の皆様の中にも
お病気やご不幸が重なり
例年、欠かさず参加してくださっている方々で
急遽、不参加になられた方もあり
少し寂しい墓参になりました。

では、旅の幕開けです。



10月16日(日)

自宅−中の湯温泉−上高地−西糸屋山荘


6:30 鈴鹿出発




8:20

名鉄「知立駅」にて、菅沼さん・森川さん・井口さんと合流

知立駅前にて、菅沼さんと



9:00

伊勢湾岸道刈谷オアシスパ−クにて
後藤さんと合流

右より、後藤さん・森川さん・菅沼さん
岡山からお越しの後藤さんは
午前1:30にご自宅を出発されてのご参加です。



刈谷オアシスパ−クにて

出発前の記念撮影



12:20

出発の5日程前に石原國利さんご夫婦のご参加が決まり
15日松本でお泊まりになったご夫婦を
埼玉からご参加の相田さんが
松本のホテルまで迎えに行ってくださり
中の湯温泉で合流することになりました。

中の湯温泉のロビーで待っていて下さった
相田さん(写真右)と石原さんご夫婦



中の湯温泉のロビーより
穂高の峰々を覗く森川さん



中の湯で蕎麦ランチ&立ち寄り湯をしてのんびり…


菅沼さん、久しぶりの山の空気に幸せそうですねぇ



15:00

中の湯の駐車場にて
紅葉を愛でながらの石原さんご夫妻

中の湯よりタクシーで上高地へ



梓川の畔にたたずむ
「西糸屋山荘」



河童橋にて

石原國利さん(私が4歳の頃に
名古屋の家に下宿していらっしゃいました。
私のお兄さんのような存在です。
今でも、國ちゃんと気安く呼ばせて頂いています)

ご夫婦と共に



今回、撮影班を引き受けてくださった井口さん
重いカメラを抱えてのご参加ご苦労様です。



快晴の穂高連峰を望む



15:45

「西糸屋山荘」の玄関にて



宿に着かれて直ぐ
「足ならしをして来ます」と出掛けられた
右より、菅沼さん・森川さん・井口さん
撮影は後藤さん



上高地の紅葉は終盤を迎えていました。



17:00

涸沢ヒュッテの親分こと小林銀一さんが
来て下さいました。



小林さん(私は銀お父さんと呼ばせていただいています)と
久々の再会で話が弾む



18:00

西糸屋さんの夕餉は豪華です。



宴会の始まり始り…(^^♪

銀お父さんから差し入れの日本酒1升瓶1本と4合瓶2本。
西糸屋さんからは過分なご配慮をいただき
西糸屋のご主人も参加して下さり
楽しい山の話に花が咲きます。
西糸屋のご主人は
「岩場の崩落があり多少ル−トは違って来ていますが
『穂高の岩場』は今でも私達のバイブル書です。」とおっしゃり
掲載されている写真を写された國ちゃんは
とてもお喜びのご様子でした。



二次会はお部屋で…

銀お父さんとは、3年振りの再会です。
本当に良くおいで下さいました。
ありがとうございます。

お酒も進み私は完全に酔っ払い(~_~;)

10月17日(月)

西糸屋山荘−ケルン墓参−屏風岩−徳澤園



今日も快晴の上高地



7:00

朝食

その後、銀お父さんはお帰りになりました。
本当にありがとうございました。
また、お会いできる日を楽しみに…



8:15

徳澤園に向け出発



徳澤園への道では
國ちゃんの奥様と楽しくおしゃべり



明神館前にで休憩



梓川左岸の道を快調に…
森川さんと後藤さん



10:30

徳澤園に着いた
前穂高の雄姿を仰ぐ



徳澤園前で磯村さんと合流

ここでハプニング!
西糸屋さんのご主人が待ってみえました。
何と!私がイギリス人女性の登山靴を
間違えて履いて来てしまったのです((+_+))
「気が付かれませんでしたか?」とご主人。
「とても履き心地が良くて全く気付きませんでした」と私。
良く見れば少し古くて靴紐の色も若干違うよう…
同じドイツ製の靴だけど…
全く困ったものです。ごめんなさい<m(__)m>



気を取り直して新村橋へ

吉川さんと合流

右後列より、國ちゃんご夫婦、私、後藤さん、相田さん、森川さん
右前列、磯村さん、菅沼さん、吉川さん

「ケルン墓参」隊、全員集合です。



11:30

奥又白谷の五朗伯父さんと父母のケルン着

今年もやっと来たよ!

國ちゃんからいただいたお花やお酒などをお供えして…



お線香に火を…



考え深げな國ちゃん



一人ずつお線香をあげてお参りです。



九州からご参加の國ちゃん
ご存じの通り井上靖氏の小説『氷壁』の
主人公魚津のモデルとなられた方です。



國ちゃんの奥様
とてもお優しくて、上品で素敵な方です。
私も見習わなくては…



相田さん(元朝日新聞記者)
『石岡繁雄が語る 氷壁・ナイロンザイル事件の真実』の
共著者で、毎年欠かさずご参加くださっています。



森川さん(豊田高専山岳部創設)
愛知県豊川市から遠路鈴鹿まで
資料整理作業に来てくださっています。
ご苦労様です。



菅沼さん(豊田高専山岳部創設)
愛知県東海市からご参加
資料整理作業では
時間と根気のいるスキャニング作業を
一手に引き受けてくださっています。
いつも、ありがとう!



井口さん(豊田高専OB)
今回は、いつも写真担当の
水野さん・立岡さんが不参加だったので
急遽、写真撮影をお願いしました。
ありがとうございます。



磯村さん(豊田高専OB)
前日は吉川さんと共に「徳澤園」にお泊まりでした。
今年もご参加ありがとうございます。


吉川さん(豊田高専OB)
写真家で、いつも山々を飛び歩いていらっしゃいます。
國ちゃんとは初対面で、とても喜んでみえました。



相田さんの「般若心経」が流れて…

墓参後、菅沼さん・森川さん・磯村さんは帰路に着かれ
吉川さんは双六岳方面へ向かわれました。


残りのメンバーで屏風岩を見に
横尾への道を行く



梓川の中の車道の橋の上で…


13:30

横尾にてランチ
西糸屋さんのお弁当はおかずいっぱいの豪華版!
美味しいよぉ(^u^)



三本グルミの木にて

相田さん・井口さん・後藤さんは三本グルミの根方に分骨された
伊藤さん(岩稜会副会長)と父母に挨拶。
骨折の跡が心配な私は
岩小舎で屏風岩を眺めて帰りました。


井口さんは写す側なので
なかなかお写真が出てきません。
ごめんなさいね。


17:30

徳澤園にて夕食



80歳を超えられた國ちゃんですがお元気で
またご一緒出来て本当に嬉しかったぁ(*^_^*)



18:30

場所を移して二次会です。

でも、今夜は早めにお開きとなりました。

10月18日(火)

徳澤園−上高地−中の湯温泉−帰宅



朝一番の後藤さん



7:30

朝食




8:30

國ちゃんご夫婦は元気に涸沢に向け出発されました。



私達は下山

途中、明神岳を一望できる場所で
朝の月を望む



空気が澄んでいるせいか
月の丸みまで分かる程くっきりと…
素晴らしい光景でした。



10:30上高地着→11:30中の湯温泉 相田さんとお別れ→
16:00知立オアシス 解散→18:30鈴鹿自宅着


冒頭にも書きましたように、
私の骨折で今年は秋の「ケルン墓参」となり
涸沢にも上がれず、少し残念な山行きでしたが
久しぶりに西糸屋山荘にも泊まれ、
國ちゃんや銀お父さんとも再会し
お天気にも恵まれて、
無事に済ますことが出来ました。
参加してくださった皆様、
本当にありがとうございました。

来年は父の七回忌でもあり、是非また皆様と共に
元気で父母の待つケルンに
行きたいと思っています。

お母様の具合がお悪く参加されなかった藤田さん、
急なお病気で参加を断念された水野さん・立岡さん、
来年はご一緒しましょうね。

皆様のご健康とご活躍を念じつつ…



さて、恒例の
     <オマケコーナー>で〜す 



今回のオマケはちょっと量が多いので
別ペ−ジを設けました。
上の紅葉の写真をクリックして、是非ご覧ください。


−特報−もあるよぉ〜