一周忌後のケルン墓参  

平成26年6月15日~16日


慣例の「ケルン墓参」は今年も快晴に恵まれました。
例年のメンバ-に加えて、名大展示でお知り合いになったNITEの菊池様と
CBCラジオの太田様、菅沼さんの奥様・お嬢様を加えて
楽しい旅の始まりです。

是非!ご覧ください。
 
 
6月15日(土)

6:30

上高地展示での荷物満載の車で、鈴鹿の自宅出発




















7:45

東海環状自動車道鞍ヶ池パ-キングエリアにて
軽トラの水野さん・森川さんと合流
(写真上、水野さん・右、森川さん)

今回は、中津川から19号線を通って薮原まで行き
26号線で上高地に向いました。




10:00

奈川にて休憩

 















12:30

菅沼さんご一家・立岡さんご夫婦と合流



西糸屋さんに荷物を置かせていただき
インフォメ-ションセンタ-に展示物を運び込みました。

その後、相田さん・菊池さん・太田さん・
吉川さん・磯村さんが合流されて
展示ポスタ-とプレ開催のポスタ-を貼りました。


ガラスに貼ったポスタ-






14:30

徳澤園に向け出発!




20:00

二次会の開始




6月16日(日)

昨夜雨が降り、心配しながら目覚めましたが、バッカス天気の快晴!
雲一つない抜けるような青空と、山々は雨に洗われて輝いていました(*´▽`*)
朝食前に、テント場で記念撮影




8:00

ケルン墓参に出発





9:00

やっとケルンに着いた

墓参の準備にかかります。
今年は、とても綺麗に掃除されていました。
自然公園財団のどなたかがやってくださったのかしら?




ひっそりと若山五朗の文字が…




父母の写真を置きます






花束と父が晩年に好んだ日本酒を
お供えします。

右横の石の上にある白い丸い物は
お灯明の台にする蝋燭です。
いつもお灯明を立てる時に苦労するので
あれこれ試行錯誤の上
この方法が一番良いことが判りました。
台の蝋燭に火を点けて
蝋が少し解けた所へ
お灯明を押し付けるように置きます。
この方法だと蝋で石を汚すこともありません。



お灯明に火が入りました




お線香が配られます





「今年は上高地で先生の展示が開かれますよ…」
お参りされる相田さん



上の写真をクリックしてください。
お参りの様子が、動画でご覧いただけます。
 

献杯の準備です



上の写真をクリックしてください。
献杯の様子が、動画でご覧いただけます。

 
ノミと金槌を持参で来られた相田さんが
プレ-トを外す



今回は、ケルンのそばに
いつの間にかどなたかが付けて行かれた
ナイロンザイル事件のことなどが書かれたプレ-トを
外す作業を相田さんが
してくだることになりました。
国立公園の中にこのようなプレ-トが
あることは違法なので
上高地での展示を機に、外すことにいたしました。


コンクリ-トの上にしっかりと留められた
プレ-トを外します。
台のコンクリ-ト部分も割って
自然に返しました。
その後に石を置いて仕上げです。
コンクリ-トなどを運んで付けてくださった方には
申し訳ないのですが
出来る限り自然のままに
ケルンがひっそりといつまでも
そこにあってくれることを望みます。



上の写真をクリックしてください。
プレ-トを外す様子が動画でご覧いただけます。


また来るね。。。




10:00

ケルン墓参の帰り道

お天気が良いので、予定を変更して屏風岩を見に行くことにしました



 
16:00

今夜の宿「西糸屋山荘」着




 
旅のお話はこれでおしまいですが、
オマケを一つ!
15日に涸沢を往復された山本さんから写真をいただきました。
すごく綺麗なのでご覧ください。




 
上高地インフォメ-ションセンタ-で
「氷壁を越えて ナイロンザイル事件の真実と石岡繁雄の生涯」の
企画展が決まり、慌ただしく準備作業を終えて
ケルンへの報告を兼ねた墓参となりました。
NITEの菊池さん初め、菅沼さんの奥様とお嬢さん、
取材をしに来られた太田さんの初参加で
楽しいケルン墓参となりました。
皆様、お疲れ様でした。
本当にありがとうございました。
来年もご一緒できることを祈りつつ…

2014.9.15 石岡 あづみ記


新着情報のペ-ジに戻るにはこの文字列をクリックしてください