あいちサイエンスフェスティバル2014
主催:名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部


さかえサイエンストーク
日時:10月3日 18:30-20:00・ 場所:名古屋テレビ塔スカイデッキ


<製品事故の原因を探るサイエンス-『氷壁』ザイル切断事故から最前線情報まで>

講師:NITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)製品安全センタ-参事官 長田敏氏




 
 9月24日:菊池さんからのご紹介で、NITEの長田様からメ-ルをいただきました。
 長田様は神戸繊維製品検査所に登山用ロープ試験設備の設置の時に、父と一緒にお仕事をされたとのことで、近年はあちこちで講演をされて、NITEのメッセンジャ-といった感じの方です。
 メ-ルでは、この度のト-クショウで使用される資料の提供と、その内容の添削を依頼されました。資料の一部は、このHPから使われたと言うことでしたが、10年程前に作ったプロフィルの頁がまだWeb上に残っており、それを使用されたために誤りが多いものでした。私がサ-バ-上の頁を消さなかったため、本当にご迷惑をおかけしてしまいました。それから、何度かのやり取りでパワ-ポイントで作成された資料が完成しました。
 そして、楽しみにしていた長田様のト-クショウの当日がやってきました!





10月3日
 16時:名古屋駅で合流した菊池さん(NITE)・相田さん・水野さんと私は、軽く夕食を済ませて会場のあるテレビ塔へと向かいました。
菊池さんは今や「石岡繁雄の志を伝える会」の準メンバ-と言った感じです。

 17時30分:テレビ塔で、森川さん・滝川さん(豊田高専OBで姫路市在住)・野村さん(私の親友)と合流して、NITEの長田様とはじめてお目にかかりました。NITEの中部支所の本屋所長さんと課長の永田さん、そして「あいちサイエンスフェスティバル」の主催者である獅山教授も揃われました。 



会場にて記念撮影 


左より 長田様・本屋様・滝川さん・永田様・水野さん・菊池さん・相田さん・森川さん・私

 
定刻の18時30分:ト-クショウの開始

この内容については、プロジェクタ-で映された素晴らしい資料を、全て掲載させていただきます。
60頁もある長田様の力作です。
ご覧いただければ、NITEの業務内容などと、父との係わりも詳しく知っていただけると思います。
提供はもちろんNITEです。





















































































































































































この膨大な内容をきっちり時間内に収めて、質疑応答時間まで確保された長田様の素晴らしい講演は
参加された30名以上の方々の熱心な眼差しと共に閉会となりました。

父のことを評価してくださるNITEと「名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部」
そして、このサイエンストークにつながるきっかけとなった
「名古屋大学 博物館」「名古屋大学 大学文書資料室」に深く感謝いたします。

 
さて、閉会後、NITEの皆様と獅山教授、そして水野さん・野村さん・私で懇親会に繰り出しました。
その会は日付が変わるまで、和気あいあいと父の話を肴に続きました。
本当に意義ある一日でした。ありがとうございました。



今後とも宜しくお願い致します。

 
このHPをご覧くださっている皆様!
今後、「石岡繁雄の志を伝える会」の活動はどのような展開をみせていくのでしょうか?
期待と不安でいっぱいの私ですが、次の活動まで、私はこのHPの充実に力を注ぎたいと思っています。
皆様のよりいっそうのご支援を!宜しくお願い致します。

2014年10月9日 石岡 あづみ記