井上 靖氏の故郷 湯ヶ島&沼津への旅
                           
2006.1.28  快晴

  10:00
    鈴鹿市の自宅を岩稜会の藤田さん・父・私で出発。
    東名阪自動車道鈴鹿インタ−より、名古屋高速を経て東名高速道路へ。
  12:30
    牧の原サ−ビスエリアにて昼食。
  14:30
    沼津インタ−にて、井上文学館館長松本さん・相田さんと合流。
    沼津高専名誉教授鈴木さんとも合流の後、湯ヶ島へ。
  16:30
    湯ヶ島「白壁荘」着。
      
 「白壁荘」は井上靖氏の遠縁に当られる宇田さんが
        経営されている老舗の旅館で、
       井上氏もこの旅館を愛し、<あまんじゃく>と言う部屋を
       使われて見えたそうです。

  

2006.1.29  晴れ
 
  8:00
   朝食後、相田さん・藤田さん・父は旅館に残り、旅館内探索後休息。

  
巨木風呂にて、相田さんと        巨石風呂にて、藤田さん・相田さんと


  10:00
    天城温泉会館集合。井上靖氏16回忌「翌檜忌」墓参。
       「翌檜忌」の日は雪の日が多く晴れたことがなかったそうで、
       この日の晴天に皆様喜んでみえました。
       白壁荘の女将さんのご好意でいただいた、
       井上先生がお好きだったと言う<塩おはぎ>を
       その場でいただきました。
       その後、井上家先祖代々の4基有るお墓も、一基づつ、
       井上先生の次女の黒田さんの解説入りで、
       お参りさせていただきました。

         
                                
  
      
井上氏のお墓      墓参の井上家次女黒田さんと友の会会長傳田さん。
                             後は私。



  12:00
    父・相田さん・藤田さんと昼食後、井上文学館へ。

  14:00
    文学館到着。
       
道が混んでいて遅れたため、
       「どこかの山岳会の15名程の皆様がお待ちになっていらっしゃいましたが、
       時間の都合で帰られました」と、館員の方からお知らせがありました。
       申し訳なく思いました。
       会場に来られた10名程の方と中日・静岡新聞の記者さんを交えて、
       父の話を聞く事になりました。
       <ナイロンザイル事件>の話を始めると止まらない父です。
       記者さんのノ−トを取り上げて、岩角のエッジの図なども書き、
       何と!2時間も話続けました。

  
  
文学館にて話続ける父             展示会場

  
  16:00
    文学館のあるクレマチスの丘の喫茶店で黒田さんを含め
    10名程の方々とお茶を飲み、解散しました。

  18:30
    夕食後、沼津インタ−近くの「ホテルル−トイン長泉」着。

2006.1.30  晴れ (ペ−ジのトップにある写真は、この日の早朝ホテルの窓から写した朝焼けの富士山です)
  
  9:00
   朝食後、松本さんが見送りに来てくださる。
         
         
     
  ホテルにて、松本さんと


  9:30
   ホテル発。
   東名沼津インタ−より、伊勢湾岸道を経て、名阪自動車道へ。

  14:30
   鈴鹿の自宅着。

無事、帰宅です。
心配された父の体調も崩れず、旅を楽しむ事が出来ました。
改めて館長の松本さん、次女の黒田さん始め皆様のご支援に感謝します。
有難う御座いました。

<1月30日 中日新聞に掲載の記事>


<同日 東京新聞に掲載の記事>

<同日 静岡新聞に掲載の記事>