石岡繁雄七回忌 親族でのケルン墓参 

平成24(2012)年8月13日~15日

(平成26年4月11日掲載)




名大への寄贈・寄託も眼前に迫っていましたが
今年は父の七回忌なので命日の8月15日を含めて
初めて親族でケルン墓参に参りました。

写真左上より:姉の長男 柴田明穂・私・姉の長女 樋口真穂子・姉・
真穂子長女 みく(中学2年)・真穂子長男 りくと(高校1年)
右上より:中田みお(あづみ長男の婚約者)・あづみ長男 鍛生・あづみ次男 敢生・
明穂長女 はるか(高校1年)・明穂次女 まこと(中学2年)
写真撮影は真穂子夫 尚良でした。
 明穂の妻 有里は、徳澤園でお留守番。
以上、計13名で、父の孫以下はフルメンバ-です。

8月13日は、上高地西糸屋山荘に集合して、父を偲んで宴会。
翌14日小雨模様の中をケルンに向けて出発しました。



西糸屋山荘の玄関にて

雨が心配されて、本格的な山は初めての
子ども達を連れて、少し不安な出発です。




景色はガスの中
でも、雨も上がって、子供たちに笑顔が戻ります。



上高地より明神への道



小さな流れの橋の上で



敢生は、明神から徳澤まで
「30分で登る!」と豪語。
証人として尚良君と、りくと君が同行
確かに30分を切って登ったものの
この表情をご覧ください。




同行の二人は、息の弾んだ様子もなく…
何と!りくと君は中学の時から陸上部。
お父さんの尚良君も毎日ランニングをして
フルマラソンにも出場するとか!


ケルンに到着



お参りの準備をする


一様跡取り息子と言うことで
甲斐甲斐しく準備をする鍛生



その晩は「徳澤園」で一泊。
15日の命日には、父の亡くなった午前9時7分に、
徳澤園の前からケルン方向を眺めて
みんなで黙とうをしました。




徳澤園の前にて

左より 有里・姉・鍛生・みお・尚良・敢生・りくと



左より みく・真穂子・私・まこと・
有里・姉・はるか

曾おじいちゃんの命日に、部活で忙しい合間を縫って、
曾孫たちまで来てくれました。
父母も喜んでいてくれると思います。