バッカスの愛称で親しまれた 山男の世界をのぞいてみませんか?
 バッカスの部屋へようこそ!!
                                           
     
     登山家 石岡 繁雄の一生  

  

 
<井上 靖氏 評> 

 石岡さんは名アルピニストであると共に、
志を持った数少ない登山家の一人である。
私は氏の実弟の遭難事件をモデルにして
『氷壁』という小説を書いているが、
私に『氷壁』の筆を執らしめたものは、
事件そのものよりも、
寧ろその悲劇を大きく登山界に
プラスするものであらしめようとする
氏の志に他ならなかったと思う。
 屏風岩完登の壮挙は
日本山岳界の大きい事件であり、
言うまでもなく氏の不屈な闘志によって
成就されたものであるが、
氏によって為されたということが
大きい意義を持つものではないかと思う。
氏は記録を造る人でなく、
山に志を刻む人であるからである。

(石岡著書<屏風岩登攀記> 刊行によせてより)


 
 

切れた命綱の謎に挑む

 実弟の滑落死をきっかけに

  敗戦後まもない昭和22年の夏、10代の少年とともに北アルプス穂高屏風岩正面岸壁初登攀をなしとげ、その後も三重県鈴鹿市に本拠をおく岩稜会をひきいて数々の岩壁を踏破、名著といわれる写真集『穂高の岩場 』上下巻を完成させた登山家で応用物理学者の石岡繁雄は、『屏風岩登攀記』に次のように記している。
 「山は、その美しさと厳しさが織りなす綾錦を形成し、無数の美徳と教訓を提供してくれているはずであり、・・・・・・それが私の山への期待でもありました。しかしながら私の歩いた道には、そういうものよりはむしろ、暗くて悲しい人間の葛藤や、ナイロンザイル事件のように、社会との闘いといった全く異質のものが、大きな位置をしめております」
 いったい何ゆえに、彼の山体験はかくも人間社会の葛藤の影を負うことになったのか。それは「高度成長のためには犠牲もやむなし」という風潮にたいし、真実をつきつけ続けた者の宿命でもあったのだろうか。
 石岡の一生を決定づける事件が昭和30年に発生した。同年正月2日、彼の実弟・若山五朗が、岩稜会の三人のパ-ティで厳冬期のアルプス前穂高岳東壁を登攀中に数十センチ滑落、麻ザイルより数倍強いとされて登山界に急速に普及しつつあったナイロンザイルの、予想だにせぬ切断により墜死したのである。

 隠ぺいされた「命綱」の弱点

 ほかにも事故があいついでいるのを知った石岡は「ナイロンには未知の欠陥があるのでは」と考え、自家製の装置で実験を開始した。
 そして4月29日、登山用具の権威で日本山岳会関西支部長の篠田軍治・大阪大教授指導のもと、蒲郡市にあるザイルメ-カ-で公開実験が行われることになった。
 ところが、多くの登山関係者やマスコミの注目を集めた大がかりな実験では、ナイロンザイルは圧倒的な強さを示したのだ。
 穂高の遺体捜索現場でその報に接した石岡は「実験はインチキだ、手品だ」と叫んでいたという。膨大な装置のほんの小さな中枢部分たるエッジに、1ミリほどの丸みがつけられていたのである。彼ら岩稜会のメンバ-は、企業、学者、マスコミ報道がつくりあげた「ナイロンは強い」という神話により遭難原因を疑われ、蒲郡実験の結果は登山界で権威のある『山日記』にも掲載されて、ナイロンザイルに命を託した多くのクライマ-が、その後も墜落死事故を繰り返す要因となった。これが井上靖の小説『氷壁』のモデルとなり、映画化もされた「ナイロンザイル事件」の核心である。
 昭和初期から30年代にいたる日本の登山界は、国内の岩壁を征服し終え、技術革新の成果をいち早くとりいれて海外の山に目を向けており、足元の問題に取り組もうとする人々は稀有であった。公害を発生させながら成長続ける産業界に歩調を合わせるかのように、自然の征服を謳歌しつつあった。
 そのような趨勢のただ中で、ナイロンザイルの神話に、石岡繁雄は自己の専門領域をとおして闘いを挑んだのだった。

 製造物責任法の思想を先どりする成果

 一方で彼は、メ-カ-や日本山岳会にたいして、ナイロンザイルの安全限界を明示させるべくいくたびも公開質問状をつきつけ、他方で欠陥そのものを分析し、私財をなげうって高所安全研究所を設立(昭和58年)、アルピニストの命を守るにはどうすべきかを探究し続けた。
 それは、自らが買い与えた保証付ザイルで死んだ弟への血を吐くような想いと、専門家はつねに社会的責任に自覚的であらねばならぬという、体験から学んだ覚悟に支えられていた。
 彼が半生をかけた成果は国の機関をうごかし、昭和50年6月、登山用ロ-プの強制力をもった安全基準の世界初公布、55年の転落死防止装置の完成へとつながり、そこから災害時のビル脱出装置、障害者介助機具の開発などに結実していったのである。
 バッカスというあだ名で山仲間から呼ばれている石岡の、どこかしら土くさい朗らかさからは、日本全体が浮き足だって生きてきた時代に、虚仮の一念のようにひとつの問題と格闘してきた者だけがもつ、高山のダケカンバのような風貌が感じとられる。


NHK名古屋放送局開局70周年記念出版 <人物で語る 東海の昭和文化史> 川角 信夫氏著より」   


 
 
 上の映像は、昭和48年3月11日に鈴鹿工業高等専門学校で行われた「ナイロンザイルの性能に関する公開実験」の時に超高速度カメラによって、日本山岳協会が撮影されたものです。鋭い角でナイロンザイルが切れる様子が写された貴重な資料です。
 この公開実験後わずか3ヶ月で消費生活用製品安全法が制定されて、昭和50年6月5日に登山用ロ-プ安全認定基準が官報により交付されました。こうして、繁雄の20年に渡る苦しい闘いは結実したのです。また、平成6年の製造物責任法(PL法)の制定にも大きな影響を与えました。
  しかし、繁雄が最後まで訴え続けた「篠田軍治氏の日本山岳会名誉会員取消問題」は未だ解決しておらず、残念でなりません。
 <尚、ナイロンザイル事件につきましては、相田武男氏と繁雄が共著で執筆致しました「石岡繁雄が語る 氷壁・ナイロンザイル事件の真実」に 詳しく記されています。是非!ご一読ください>



 



-緊急速報-

平成31年4月に、岩稜会会員の湯浅美仁氏が
『前穂高岳東壁遭難63年目の検証』と言う本を発行なさいました
その本には事実とはかけ離れた内容が多数含まれています
その本が謹呈本として配られたため、あちこちから問い合わせが入り大変迷惑しておりますので
この場で、内容の間違いについて掲載させていただきます
是非、お読みいただきたくお願い申し上げます

2019.6.27 あづみ(石岡繁雄次女)記

  『東壁遭難63年目の検証 ナイロンザイル事件の光と影』(北白川書房)に対する見解

1 主旨
 
本書は、事実に基づいた「検証」ではない。高井利恭氏(岩稜会会員)の生前の言葉から、著者湯浅氏が臆測や妄想を膨らませ、氏に都合の良い部分だけを切り取って結論を導き出したもの、つまり「捏造」と言わざるを得ない。

本書は、2011年に湯浅氏が書いた『前穂高岳東壁遭難50年目の検証 ―ナイロンザイル事件の光と影―』の冊子を底本としている。その冊子については、著者湯浅氏・高井氏、石原國利氏(前穂高東壁遭難の際のリ-ダ-)、澤田榮介氏(前穂高岳東壁遭難の際のパ-ティの一員)による2012年2月9日の会談の場で、遭難の当事者である石原・澤田両氏から強い非難を受けている。その結果、湯浅氏本人が「絶対に公表しない。印刷物は回収して破棄する」と約束したものである。

湯浅氏は破棄したはずの原稿に今回新たな部分を書き加えて本書を出版し、唐突に郵送・配布した。そこには、主要な関係者への取材検証がなされていない。

破棄すると約束した7年前の冊子と変わりなく、思い込みと決めつけで石岡繁雄を誹謗中傷し、当事者である石原氏や澤田氏らを冒涜し、岩稜会の団体としての名誉をも汚す「検証」に値しない内容となっており、看過することはできない。 

2 反証の要点
 湯浅氏の論証には繰り返しが多いので、論拠として挙げている点を以下の(1)~(5)に分類した。ここでは要点のみを述べる。
(1)『奥又合宿備忘録』について
 
備忘録は遭難事故直後からの現地情報が錯綜する混乱状況の中で書かれたメモや伝聞をもとに、後日上田定男氏らが書いたと思われる。5W1Hが曖昧な内容に関して、証言者への確認や正確さの検証がなされなかったため誤りが多く、石岡が当時の「混乱ぶりを伝える資料」としてきちんと保管していたものである。
 
2006年、石岡あづみが岩稜会の会合の場で誰が書いたのか確かめている。それをもって湯浅氏は「50年経った今、なぜ見つかったか」と記述しているが、もし隠しておくべきものであったなら会合の場で公開したり岩稜会員に尋ねたりはしない。
(2)「吊り上げ」の有無について
 
『奥又合宿備忘録』での室敏弥氏談の一文を湯浅氏は新事実として重要視しているが、室氏は故人であり、いつ誰から聞いたのか、又聞きしたことを報告したのか、伝聞の経緯が不明である。
 その一文とは「國さんに変わって五朗ちゃんがトップになった。岩にかけて吊り上げようとした」という記載である。

 
当事者である石原氏は、「確保していただけです。『吊り上げ』は一度も起きていません。この本を見て初めて知りました。そんなこと一度も言っていません」と明確に断言されており(2019/6/5)、事実として「吊り上げ」はなかった。
 
暗に「石原氏が若山を吊り上げたので足を滑らせ滑落させ、その結果ナイロンザイルが切れ墜死した」、言い換えれば、「石原氏が吊り上げて若山を落し殺した」と言わんとする推測は論外である。
 この「吊り上げ」に関しては、本書P140~217に,実に77ページに渡って石原氏を弾劾する文章が続く。その上で、石岡がその事実を隠していたと書かれている。とんでもない濡れ衣である。

(3)チーフリーダー指示の有無について
 湯浅氏は高井氏の推測を裏づけるものとして、誤りの多い『奥又合宿備忘録』のみを正としているが、その中にも「指示」についての記述はない。同録の「引き返すことになっていた」は誰の言か不明である。
 
澤田氏はチーフリーダー石原一郎氏の指示について、「明確な指示、ミーティングともになく、行動は現場判断で決め、指示違反はない」(2012/2/9)と述べている。また、石原國利氏も「明確なものではなかった。前進か引き返すかは現場の状況判断が優先されなければならない。私たちは引き返すことの危険と登攀を続けることの危険を比較し、登攀する方が安全という結論になった」(2019/6/4)と同様のことを述べている。
 
湯浅氏は、その当時の山の現場における現実を知らない。現実にそぐわない推測を根拠としていると言わざるを得ない。なお、2006年5月7日の石岡・高井会談を拠り所に「石岡はこの『指示』の存在を認めた」とあるが、当時の石岡(同年8月15日逝去)は記憶も気力も衰え、人との会話に耐えられない状態にあり信憑性に欠ける。
(4)トップ交代について
 トップの交代について、石原氏は「成り行き(若山がトップ交代に直ちに応じた)」と述べている。澤田氏は、「誰がトップに立っても危険は避けられない。その結果は全員に及ぶこと、同体であることを3人は認識していた。若山が駄目なら夏ルートで再チャレンジすべきかと考えていた」(2012/2/9)と述べている。
 また、若山氏の起用とザイル切断には因果性がない。ナイロンザイルに、従来の麻ザイルでは考えられない「岩角での脆弱性」がなければ、若山氏は墜死していないのである。若山氏墜死の要因は「ナイロンザイルの岩角欠陥」以外には無い。
(5)遭難の総括がされなかったことについて
 前穂高遭難事故後に遭難の総括がなされなかったのは、それよりも大きな「ナイロンザイル事件」問題が起きたためである。当時、未熟な登山が遭難の原因だとする批判(ごまかしの蒲郡公開実験をした篠田教授はその先鋒であった)が出ており、中傷によってナイロンザイルそのものの問題がうやむやにされる恐れがあった。実際、ナイロンザイル切断による事故が相次いだ時期であり、登山者の命を守るためのザイルの強度について真相を明らかにすることの方こそ優先された。この「ナイロンザイル事件」が決着をみるまでには、20年を要している。

3 その他
 
高井氏は、遭難事故が起きたことで自分が挑戦するはずであった「前穂高岳4峰正面北条・新村ルート」初登攀が取り止めとなり、さらにナイロンザイル事件のために登山活動が抑えられていた岩稜会に不満を募らせ、石岡を執拗に責め立てていたと、岩稜会会員たちや石岡の家族の記憶に刻まれている。登山家としては優秀であった高井氏に心酔していた湯浅氏は、高井氏の思いに寄り添う本書を刊行したのであろう。しかしながらその想いは、捏造や他の関係者の犠牲の上になされるべきではない。                   以上

                                文責:石岡繁雄の志を伝える会
                                       代表 石岡あづみ


―ちょこっと解説―

「石岡繁雄の志を伝える会」とは…
 石岡繁雄(1917年-2006年)の没後、石岡の遺した膨大な資料などの整理・分類・デ-タ化作業をしていた仲間が2009年に結成した会です。
 現在、会員数は11名と少ないのですが、ご高齢の岩稜会員に代わって、言わば縁の下の力持ち的な作業チ-ムです。先月からは、石原國利氏が正式に会の顧問として参加してくださっています。
 石岡資料などを名古屋大学に寄贈寄託した後、「氷壁を越えて」と言う大規模な企画展を名大博物館で行っていただきました。その後、「氷壁を越えて」シリ-ズとして、各地で4回の展示を我が会の手で行いました。
 名大文書資料室に寄託された「石岡繁雄文書資料」は特定歴史公文書等に指定されて、内閣府の管理下に置かれていますが、その資料の目録作成作業は、伝える会のボランティア作業として現在進行中です。

 
皆さま!これからも「石岡繁雄の志を伝える会」をよろしくお願いいたします。


 2005年からスタ-トしましたこのホ-ムペ-ジをリニュ-アル致しました
以下のご覧になりたい文字をクリックしてください
各ペ-ジにご案内致します


 プロフィ-ル




2018.11.24更新

 著書のご案内





新着情報

各種イベントの
ご報告ペ-ジです


2013.6起

2019.6.25更新
新たなる旅立ち
Welcome to

「ナイロンザイル事件」
最終頁更新しました!
是非!!ご覧ください


2018.5.17更新



    石岡繁雄の志を伝える会の 歩みの記録


2016.6.29起

2019.8.6更新


 
 
奥又白谷  ケルン墓参

2019年ケルン墓参
追加しました

2019.7.9更新

 過去のペ-ジ

2005年から2012年までに
掲載しました
ペ-ジをご覧いただけます

2014.4.11更新
  
 
ゲストブック

皆様方の暖かい書込みを
お待ちしています


2019.8.6更新


 あなたは、バッカスの部屋の 番目のお客様です
随時追加していきますので、またのお越しをお待ちしております